新老舗セット(花)

I-37

6,500円(税込)【送料込み】

安政3年より続く老舗の味。
魚のうまみが生きています。


伝統の石臼製法で手作りした「八百蔵竹輪」(第39回内閣総理大臣賞受賞)と、土佐らしいかまぼこ、天ぷらのセットです。


内容
八百蔵竹輪2本、土佐の海(大板)焼1本、土佐
造り1本、さしみかまぼこ(白)1本・手造り天ぷら(いか天・ごぼ天)各3枚

賞味期限
製造日から7日

保存方法
冷蔵(1〜10℃)で保存。

事業者名
(株)依光蒲鉾老舗

※ 金額は送料込の値段となります。





生産者へのインタビュー


「高知うまいもん散歩」第44回は、安政三年(1856年)創業、まさに“老舗”の蒲鉾メーカーさん。内閣総理大臣賞も受賞したトップブランド「八百蔵竹輪」は魚そのものの旨みたっぷりで、日本酒文化の高知人に150年以上愛されてきたのも頷けます。



―看板商品の「八百蔵竹輪」、高知の方にはお馴染みなんですよね。間違いなく喜ばれる手みやげの定番だとか。普通の竹輪と何が違うんでしょうか




まず、素材となる魚のすり身の鮮度が違います。朝市場で競り落とされた魚をその日のうちに加工して翌日には製品として出荷しています。それに、今は工場で大量生産することもできるけど、当社は昔ながらの職人技を守り続けていることが自慢です。


―蒲鉾の作り方をあまり知らないんですが、具体的にはどんな職人技が駆使されてるんでしょうか?




例えば、生魚の肉から不純物を除き、凝固させるために何度も水にさらすという工程があるのですが、この回数は魚の種類によって変える必要があります。その日使う魚により、最適な回数や温度を見極めるのが職人技。この技を持っているから、添加物や“つなぎ”は必要ないんです。実は、生きた魚から蒲鉾にまで仕上げる技術を持っている会社って少ないんですよ。


―なるほど。だから、本物の魚以上に凝縮された旨みが感じられるんですね。今「魚の種類によって変える」と仰いましたが、同じ商品でも材料の魚が変わるんですか?




ええ。季節ごとに最も味がのる素材を厳選して使っています。それでも常に同じ風味と品質を保てるのは職人たちのおかげです。





高知県幻の和牛「土佐あかうし」





「バター焼き」に「カプレーゼ」 魚肉パワーを味わい尽くす




―そうした伝統を守る一方、最先端の科学研究にも力を入れているとか。蒲鉾と科学って、不思議な組み合わせに思えますが……?






実は練り物って、かなり科学的に解明されている分野なんです。うちが特に注力しているテーマは“食感”について。人の脳は、食感によっても味の感じ方が変わるってご存知ですか?



―え、どういうことですか??






歯ごたえを柔らかくすると甘み、硬くすると苦みを感じるんです。だから例えば、旨みや塩気とのバランスを見て、甘みを出したいときには歯ごたえをソフトにするという手もある。新商品開発の際は、計測器で微調整を重ね、一番おいしく感じられる食感と味付けを追求しています。






高知県幻の和牛「土佐あかうし」








―いまだに進化を続けているわけですね。各商品、おすすめの食べ方ってありますか?




まずはそのままでどうぞ。高知の日本酒文化に適応した、濁りない魚の旨みが味わえます。それからメイン料理の素材にも。「八百蔵竹輪」はバター焼きがおすすめです。1本につき魚約10匹分のすり身を使っているのでかなりボリューミーですが、旨みが強いから意外にペロッと食べられますよ。


―バター焼き、食べ応えありそう! でも魚肉だからヘルシーなのも魅力ですね。




変わり種では、「さしみかまぼこ」とトマト、モッツァレラチーズのカプレーゼ。オリーブオイルが意外なほど合うんです。お酒のお供にはもちろん、魚肉たんぱく質がお子様の食育にも最適です。こだわって作った蒲鉾のおいしさ、一度味わっていただきたいですね。



  • すーこ
  • 60代以上
  • 女性
  • 2017/01/08 21:50:51
百八蔵竹輪、肉厚でコシがあるので満足感があります!!
ごぼう天もごぼうの香りが良く、天ぷらで風味もよく、おいしくいただきました。
  • 浅見
  • 30代
  • 女性
  • 2016/12/27 20:05:37
食べごたえのある、しっかりとした食感。
香ばしい風味もよい。
わさび醤油で食べてもおいしい。
おすすめです。
  • ユウリ
  • 50代
  • 女性
  • 2016/11/18 13:12:04
竹の棒にささった竹輪は見た目にも高級感がありました。
ごほうの天ぷらのごぼうのしゃきしゃき感がとても歯ごたえが良く美味しい。
お味の良さも質の高さも高知のかばぼこだな。
嬉しい贈答品でした。
お正月、人の集まるときにお出ししたいと思います。