幻の和牛|「土佐あかうし」|プティ・ヴェール

赤身が旨い!稀少品種 土佐あかうし。肉の巨匠たちをうならせた幻の味わいを是非ご堪能ください。

7,600円(税込)【送料込み】


赤身のおいしさ際立つ土佐が誇る幻の和牛。


濃い味にも負けないしっかりとした旨みはすき焼きにも最適。肉汁たっぷり、ジューシーなステーキは、噛み締めるたびにうまみがじゅわっと広がります。



内容
土佐あかうし すき焼き用500g

特定原材料等


賞味期間
冷凍で30日

保存方法
冷凍(-18℃以下)で保存ですが、なるべく早くお召し上がりください

期間限定
通年販売

数量限定
30パック/月

事業者名
プティ・ヴェール

お熨斗対応

包装対応

小分け用の紙袋
不可

メッセージカード
不可

返品対応
不可

箱サイズ
(約)25cm×34cm×10cm

配送便
冷凍

※ 金額は送料込の値段となります。

受賞歴・メディア






高知だけにしかいない、希少な牛



幻の和牛「土佐あかうし」生産者
長年、土佐あかうしの飼育に携わっている高知大学技術職員の竹村泰雄さん

土佐あかうしは、「褐毛和種高知系」という、日本で高知県にしかいない和牛です。明治時代から農耕牛として輸入された韓牛をルーツとし、長い年月をかけて肉用種に改良されました。昔から人と近い関係にあり、おとなしく人なつこい性格。目のまわりが黒い「毛分け」が特徴で、アイラインを引いたような目がとても愛らしい褐毛の牛です。
高知県内では、主に嶺北地域と県東部で生産されており、その数はわずか約1700頭、日本全国の和牛の0.1%(平成26年度高知県畜産振興課調べ)。赤身のおいしさとヘルシー感から年々人気が高まっていますが、頭数が少ないため「幻の和牛」といわれるほど希少な牛です。
高知龍馬空港のすぐそばにある高知大学農学部でも、長年、土佐あかうしの飼育と研究が続けられ、県と連携して頭数を増やす取り組みが進められています。ここでは繁殖から肥育までを一貫して行っており、自然放牧、自然交配で繁殖させ、生後5ヵ月から牛舎で肥育をしています。


赤身だから、ここまでおいしい!



幻の和牛「土佐あかうし」生産者
高知大学で放牧されている牛の親子。自然の営みの中で子牛が生まれる

もともと農耕牛だった土佐あかうしは、サシが入りにくい筋肉質。赤身のしっかりとしたうまみと、甘みのある上品な脂がおいしさの秘密です。脂が少なくヘルシー、しかも融点が低いので口の中でサッと溶けて風味豊か。細かなサシが赤身になじみ、噛むほどに香りとうまみが広がります。すき焼き肉はほどよい噛みごたえとタレに絡む肉のうまみを、しゃぶしゃぶ肉はほどけるような食感と肉の香りをお楽しみください。
幻の和牛「土佐あかうし」生産者
  • うしすき
  • 40代
  • 男性
  • 2016/10/24 14:53:31
東京で土佐あかうし手に入らず、このサイトで発見しました。
さすが幻の牛だけあってにくにくしい旨味がたっぷり。土佐の風土が詰まってました。今度はステーキを頼んでみます。