安芸『釜揚げちりめん丼セット』

I-68

5,000円(税込)【送料込み】

カルシウム&コラーゲンたっぷりの
新鮮ご当地グルメ!


獲れたてのちりめんじゃこを地元、安芸漁港内ですぐに加工。高知県を代表するご当地グルメ「釜あげちりめん丼」が楽しめるセットをふわっふわのちりめんじゃこと共にお届けします。


内容
釜揚げちりめん(1人前50g)×6個、釜揚げちりめん丼のタレ(150ml)×1本、ネギみじん切り(12g)、茗荷甘酢漬け(12本)、のり(4g)、ごま(12g)

賞味期限
商品到着後30日

保存方法
すぐに召し上がらない場合は、冷凍保存(上限30日間)。
解凍は冷蔵庫で1日かけて解凍していただくと美味しくお召し上がりいただけます。

事業者名
(株)安芸水産

※ 金額は送料込の値段となります。





生産者へのインタビュー


「高知うまいもん散歩」第17回は、高知県東部に位置するシラス漁が盛んな安芸漁港の敷地内で“ちりめんじゃこ”加工に取り組む安芸水産さん。安芸のシラスのおいしさを広めるため、2013年にはレストランも開店し、看板メニュー「安芸釜あげちりめん丼」が評判となっています。



―こちらの加工場、本当に漁港が目の前ですね。海がきれい! 高知県内のシラス漁獲量の2〜3割が安芸で水揚げされるそうですが、シラス漁に適した環境なのでしょうか?




そうですね。安芸市は総面積の88%が山で、なおかつ川も多いので、山の栄養分が海に豊富に流れ込むんです。しかも黒潮が室戸岬に当たり、荒波の中で育つので、身が締まって旨みが凝縮されたシラスになるんですよ。安芸漁港の漁獲量の約9割がシラスなんだけど、量が多いだけじゃなくて味も日本最高レベルなんです。


―そういえば、築地市場の競りでは全国のちりめんじゃこの中で最高額がつくこともあるそうですね。シラスそのものの質に加え、やはり加工技術も影響するのでしょうか。




もちろんです。生シラスは鮮度が落ちやすいので、ちりめんじゃこの加工はスピードが命。うちは加工場と漁港が隣接していて、水揚げ後すぐに釜茹でできるから、鮮度を保ったままじゃこにできるんですよ。2013年に導入した最新の加工機器も、おいしいじゃこを作るためのこだわりが詰まっています。


―たとえば?




たとえば、生シラスをゴシゴシ洗わなくて良いように、じゃこに含まれるゴミを風圧で取り除く機械を使っています。生シラスは非常に繊細で、強い力で洗浄するだけでも味が変わってしまうんです。





高知県幻の和牛「土佐あかうし」





鮮度抜群のシラスだけが「ふわふわ・しっとり」ちりめんじゃこに




―すごく扱いづらい食材なんですねぇ。





ええ。それから3トンの大釜もポイントです。釜茹でする間、大きな釜の中を泳ぐように回遊することでおいしいじゃこになります。小さい釜に詰め込むとダメなんです。茹でるお湯の温度は100℃前後。じゃこにより少し差はありますが、沸騰しないギリギリの水温がベストです。水温や時間、塩加減なんかは最初に何度も試行錯誤して割り出しました。家族も社員も、当時は毎日じゃこばかり食べてましたよ(笑)。



―じゃこへの情熱が感じられますね。これまで“ちりめんじゃこ”って硬くて乾燥しているイメージだったんですけど、こちらの「安芸『釜あげちりめん丼』セット」のじゃこはふわっふわでしっとりしてますよね。丼にして山盛り食べると最高。





シラス自体に旨みがあって、なおかつかなり新鮮でないと、ふわふわのじゃこには加工できないんです。だから柔らかいじゃこは貴重で、価格が高くなってしまうんですよね。手頃な価格でふわふわのじゃこが丼いっぱい食べられるのは、良質なシラスがたくさん獲れる安芸ならではなんですよ。





高知県幻の和牛「土佐あかうし」








―贅沢な味ですよねぇ。安芸水産さんのレストランでは生シラス丼も頂きましたけど、透明でピチピチで、生まれて初めての食感でした。




“ここでは当たり前、でも他所では貴重な味”を全国の方に知ってほしくてお取り寄せ商品を始めたんです。他県のお客さまからは「じゃこがこんなにおいしいって知らなかった」って、驚きの声を頂いてます。主役のちりめんじゃこはもちろん、セットのタレに使ったユズやミョウガも安芸産です。この「釜あげちりめん丼」をきっかけに、安芸を好きになっていただくのが一番嬉しいですね。



  • かず
  • 40代
  • 男性
  • 2015/11/05 19:06:04
やなせたかしさんのパッケージに惹かれ、お取り寄せ。関東のスーパーで売っているシラスは少し固くて噛みづらいイメージがありましたが、ここのはとてもフワフワ!少し値段は高めですが、1つ1つのボリュームもあるので割高感はありません。小学生の子どもも美味しそうに食べてました。また、特製のタレがついているのも良かったです。高知に行くときは必ずカツオは食べてますが、これからはちりめん丼も食べたいと思います!